スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島県天栄村【松崎酒造店】

先日のイベントで初対面した若い杜氏の1人、
天に栄える村の酒蔵を見学してきました。

天栄村といえばブリティッシュヒルズが有名ですが、
行った事無かったので見学の前にちらっと立ち寄る事に。

町の中心部を抜けて山を登った奥に現れる巨大な門。
そこを通ると中は英語だらけでお城っぽい建物がちらほら。

「すげーっ!!!」
と思いつつも、見学は有料で時間がかかる模様。
また今度時間がある時に見てみたいです。


という事で寄り道しつつも辿り着いた松崎酒造店は、
田んぼに囲まれた小さな酒蔵でした。

石高は300石(来年度は350石の予定)ながら、
20代の杜氏1人だけで仕込むのは並大抵のことではありません。

2年前からこの体制になったようですが、
試行錯誤して突き進む姿勢、
そして生まれた至高の酒「廣戸川」。
素晴らしいです。
年々評価を高めており、
今後がますます楽しみです。

人柄も柔らかく丁寧で、
蒸米、洗米から仕込み日数まで説明して下さり、
本当に有り難いです。

倉庫を丸ごと冷蔵庫の様に改装し
普通酒も冷蔵保管したり、
酒の種類によって冷蔵温度を変えていたり、
保管の重要性を再認識しました。


もっと知識と理解を深めていれば、
同じ説明でも吸収するものも、
質問できる事も違うんだろうな・・・
精進せねば。

酒粕のジェラートは残念ながら売り切れだったけれど、
帰り際に頂いた「石背(いわせ)」
通常酒造好適米で仕込むところを、
食用米のコシヒカリ(100%須賀川産)を使用!!
一体どんな味わい・・・?
と珍しさが先行気味でしたが、
なるほど爽やかで綺麗な、
ちゃんとした日本酒に仕上がっておりました。
軽やかな飲み口は水よりスッキリ。
オススメです。
石背
「廣戸川」は難しいものの、
「石背」は何とか仕入れられそうです。
※須賀川市岩瀬は昔、石背国(いわせのくに)と呼ばれていたそうです。

松崎酒造店

仕込みの時期でも見学大丈夫ですよ!
とか、他の酒蔵へ紹介も出来ますよ!
と、心遣いに感謝する事しきりでした。
本当に有り難う御座いました。
またお邪魔しますので宜しくお願いします(^^)/

そして、松崎さんの好意に遠慮無く甘えることにし、
次回は「天明」の【曙酒蔵】にお邪魔して来る予定です。
もっと勉強しなくちゃ。

第12回 若手の夜明け2013 

もう2週間前のことになってしまいましたが、
行ってきました日本酒イベント【若手の夜明け】。

12回若手の夜明け

次世代を担う若手蔵元が原宿に集結!

年々回を重ねる度に規模が大きくなってるそうで、
北は青森、南は九州大分から36蔵が参加しました。

そして我らが福島県からは6蔵が!!!!!!
(ただし、浪江町の鈴木酒蔵は現所在地山形県)

その中に一歩己の豊国酒蔵もあるし、
このイベント自体を紹介してくれた宮泉銘醸もある。
気になっていた廣戸川や天明、山の井も!

これは行くしか無いですよね。

でも、正直不安だらけでした。

人と話すのは得意ではないし、
日本酒もまだまだ勉強始めたばかり。
酒販店としてもまだまだまだ。

まぁ実際、行ってみたもののそんなに話せなかったし、
色々試飲してるうちに酔いがまわり、
違いがよくわからなくなる始末w

それでも、行ってみてよかった!

多くの酒を味見する事が出来たのはもちろん、
今まで熱燗に対して良いイメージがなかったけど、
まろやかで飲みやすくなる事を知る事が出来たし、
何より福島県の酒の良さを再確認出来た。

それはまだ勉強が浅いせいなのか、
たまたま個人的趣向に合ってるだけなのか、
何とも言えないけれど、
香りよく口当たりなめらかで味わい深い・・・

これは最近の福島県の特色でもあるらしいけど、
ひとえに福島県全体で作り上げた努力の賜だと思います。

東京にて改めて知る酒所福島の魅力。

せっかく県内なんだもの。
とりあえず、
あちこちの蔵にお邪魔してみなきゃ。

日本酒とオレ

自分はもともとお酒が弱く、
ビールは一口だけで十分だし、
焼酎は良さがいまいち分からず、
森伊蔵でさえ残す始末。
ワインは多少好きだけど、
色々飲むにはコストが・・・
日本酒はたまに美味しいと思うものがあるけど、
次の日に残る事もあるから徐々に疎遠に。

そんな感じなので、
今までは酒に興味はあるけれど
分かる人は強い人だけなんだろうと思ってた。

日本酒を販売するにあたっても、
地元二本松には酒造が四つあるんだから凄いよねー。
まぁ、近所の人には千功成が売れてて
奥の松と大七が多少あれば良いかな?
酒の保存って冷暗所であれば良いんでしょ?

くらいの認識だった。

酒を飲む機会はどんどん減り、
飲み会ではハンドルキーパーが定番・・・


それが今年に入り
飛露喜に出会い、
一歩己に出会い、
東豊国酒造に行き話しを聞き、
どんどん日本酒の魅力に惹かれていく。

今はそういう流れらしい。
日本酒に関連してどんどん展開していく。
せっかくなのでいける所まで頑張ります。

というわけで、読みました。
「愛と情熱の日本酒」

愛と情熱の日本酒 魂をゆさぶる造り酒屋たち (ちくま文庫)愛と情熱の日本酒 魂をゆさぶる造り酒屋たち (ちくま文庫)
(2011/03/09)
山同 敦子

商品詳細を見る


一歩己を生んだ若い杜氏が
酒造を継ぐきっかけとなった本だそうです。

日本酒造りに関わる人たちの想いを感じます。
いろんな日本酒が飲みたくなります。
(影響されやすい←

そして、良い酒屋とオススメされていた
保原の「根本酒店」へ行ってみると、
本に載ってたのもあるし、
知らなかった銘酒も置いてあるし、
雰囲気は素敵だし、
色々丁寧に教えて下さるし、
一歩己のうすにごりを入手出来たし、
なぜか金澤商店の事知ってたし、
本当に有難う御座いましたm(_ _)m


さらに、お盆を過ぎた19日には
山都のそばを食べつつ会津の酒巡り。

会津坂下町には
飛露喜の廣木酒造と
天明の曙酒造があるんですけど、
ホント同じ通り沿い、
めっちゃ近所なんすね。

まぁ、見学は出来ないので、
近くの酒屋に寄ってみたら、
五の井酒店さんという名店で、
色々話を聞かせて貰い、
かすみロ万等を購入。
花泉のロ万(ろまん)シリーズは
名前も味わいも素敵なセンス。
お見かけの際は是非。

会津若松では宮泉銘醸の観光蔵を
見学しつつ製造の方と話をさせて貰い、
写楽を取り扱えないか交渉。
やっぱり難しいらしい・・・
でも、9月1日に原宿で「若手の夜明け」という
日本酒のイベントがあるので参加してみたら?
とは言われるも・・・悩む。


若松駅近くの有名酒店、
渡辺宗太商店さんにも立ち寄り
色んな話を伺いつつ、
廣戸川の純米吟醸を入手。
かなり高評価らしいッス。
これから来ますよ。廣戸川。

やっぱり会津は酒所。
どんどん素敵な酒が生まれています。
今まで知らなかったのがホント情けないッスね。


そんなわけで今週末は東京へ行きます。
「第12回 若手の夜明け

どうするか悩んでみたものの、
まずは行ってみます。
これも縁だし勉強だし、
流れに乗ってみなきゃ!
っていうことで。

正直、勉強不足だし地酒専門店じゃないし、
場違いなのかもしれない。
めっちゃ不安。
でも、
何もせず諦めていては何も手に入らない。

地酒専門店でもスーパーでも無い、
田舎の小さな個人商店。
その中で出来る事やりたい事をやっていく。
その方が面白そうだから。

而立→不惑

「論語・為政第二」より

「三十にして立つ。」
「孔子は言います。私は、三十の時に、学問などの基礎がきちっとして、独り立ちができるようになりました。」

「四十して惑わず。」
「孔子は言います。私は、四十の時に、狭い見方に捕らわれることなく、心の迷いがなくなりました。」


ケーキ

昨日7月30日に無事誕生日を迎えまして、
而立と不惑の中間、35歳になりました。

一般的な年齢と実感とは違うもので、
たいして大人になったという気はせず、
基礎はきちっとしてないし、
独り立ちもしてなかったり。

でもまぁ、昔よりは多少なり経験積んで、
狭い見方には捕らわれない様な気もするけど、
迷いまくるし気まぐれだし。

んー、まだまだ半人前だなー。

とりあえず、40が見えてきたので、
今のうちに挑戦出来る事はどんどんやろうと思います。

スチコン

そういう思いがあって・・・
という訳では無いんですけど、
先月スチコンことスチームコンベクションオーブンを導入。

焼き魚はふっくらパサつかず仕上がり、
蟹を蒸す時も高温で安定して蒸気を供給。
85度でなめらかプリンを作る事も出来れば、
低温スチームも可能で、
50度洗い&70度蒸しも簡単に!!

本も購入して野菜や肉はもちろん、
果物も蒸してます。
劇的に甘くなります。(時々失敗するけどw)

これは予想以上に使えます。
お陰で最近は蒸してばかりです。

決定版「50℃洗い」と「70℃蒸し」―食べて健康になる (主婦の友生活シリーズ)決定版「50℃洗い」と「70℃蒸し」―食べて健康になる (主婦の友生活シリーズ)
(2012/08/30)
平山 一政

商品詳細を見る





そして、ここ最近の関心事は【日本酒】

きっかけはセパタクロー仲間のお兄さんに紹介された酒、
【(東)豊国酒造 一歩己(いぶき)】でした。

一歩己

「それは衝撃的な美味しさだった・・・」

そんな風に紹介して頂いたからには飲んでみなきゃ!
と思って卸業者に問い合わせたところ、
仕入れられない。

とりあえず酒蔵でお話して、
お互いをよく知ってから・・・
とのこと。

取扱店として紹介された橘内酒店さんは
HPで見る感じバリバリの酒専門店だし。

正直そこで取り扱う事は諦めてました。

でも、購入して飲んでみると、
かの有名な飛露喜に勝るとも劣らない味わい!
(※あくまでも個人的感想です)

可能性があるなら
とりあえず酒蔵まで行ってみよう!!
と思い立ち石川群古殿町へ行ったのが7月29日。

東豊国

初めてお会いした杜氏&専務の矢内さんは
20代と若く、
丁寧に酒造りの行程を説明して下さり、
思う存分お話する機会を頂けました。

その挑戦する姿勢
熱意
3年目にして高評価の日本酒を造った自信

それらに触発されるように、
今までぼんやりとしか向き合わなかった日本酒に
ちゃんと取り組んでみようかと
徐々に思うように。

酒蔵よりも酒屋を色々見てみると良いですよー
とのアドバイスを頂き、
早速30日は全国的にも有名な「泉屋」さんへ。
31日は同じく郡山市の「あんどう酒店」さんへ。

どちらも丁寧に日本酒の説明をして下さり、
特にあんどう酒店さんでは同じ個人経営の地方店舗として
色んな話やアドバイスをして下さって、
ホントありがたいです。

勉強になるのはもちろん、
もっと知りたいというモチベーションも上がりまくりです。

日本酒に苦手なイメージを持ってる若い人は多いと思います。
でも、ホントに美味しくて飲みやすい日本酒もあります。

そういった酒は
日本人らしい繊細さと丁寧さにより醸し出され、
近年増えています。

それらを
これからどんどんん勉強し
伝えて行けるよう頑張りたいと思いますので、
宜しくお願い致しますm(_ _)m


※ちなみに日本酒などの知識の多くは
漫画「もやしもん12巻」で得ています。

もやしもん(12) (イブニングKC)もやしもん(12) (イブニングKC)
(2013/04/05)
石川 雅之

商品詳細を見る

全日本大会→社会人大会へ!!(セパタクローブログから転載)

今年度より始めたメンバーによるブログリレー。
ぐるっと一回りして、2回目のかなざわたけしです。

前回は「かなざわ」で通してみたけれど
FSCのHPでは「たけ」だったりするので「たけ」にします。
実際、たけさんって呼ばれてるし。
(しゃちょーって呼ぶ人は居ません)



去る6月8・9日。
東京にて「全日本セパタクローオープン選手権大会」が開催され、
福島セパタクロークラブも参戦して来ました。

まぁ、自分は参加出来なかったんですが、
そして、「いっせい」と「センパイ」が出場したのに
あまりブログで触れてなかったので、改めて。



結果は
男子《A・かっちゃん T・いっせい S・センパイ》
  1勝1敗 予選リーグ2位

女子《A・むってぃー/あきてぃ T・みーちゃん S・わぐさん》
   1勝1敗 予選リーグ2位通過、決勝トーナメント1回戦

と言った感じで、センパイはセパ始めて2ヶ月くらいで出場&結果を残す偉業。
特にデュースでもつれた接戦の際にサーブを決めて勝ちきるなんて、
見かけによらず逞しいです。

女子レグはむってぃーが関東、わぐさんが関西在住という事で
一緒に練習する機会が一度も無い中、
決勝トーナメントに進むことができました。
難しい状況の中、予選を突破出来たのはさすがです。


今週末7月27日には埼玉で第一回社会人大会が開催されます!
そして、社会人メインの福島セパタクロークラブも
もちろん参戦します!!

学生が多いセパタクローという競技。
社会人になっても続ける意義、方向性。
そこは色々あると思いますが、
どんな大会になるのか楽しみです。
(オレは行けないけど)



センパイも前回のブログで書いてましたが、
先日北海道から山岸さんが、
大阪から木成さん夫妻(旧姓わぐさん)が来て下さいました。
BBQで会う事は出来たんですけど、
一緒に練習できなかったのは残念。

でも、山岸さんとは一緒に山形観光したり飲んだり、
もちろんセパタクローについてもちょっとは話したり。
ホント、楽しかったです!

山岸さんは北海道TAK-TAK所属ながら
2011年の福島セパイベントを始め、
何度も福島まで来て頂き、協力・ご指導してくれる、
福島セパタクロークラブの父親的存在。

北海道にこちらから行きたい気もあるんですけどねー。
諸事情により何とも言えないので
美味しいワインを準備して
また来てくれる日を楽しみに待ってます(^O^)/!!
高畠ワイナリー


あと、色々計画中の福島大会。
グッズ案が徐々に固まって来たんですけど、
ご意見・ご感想もらえないと不安なんでお願いします。

スポーツ用Tシャツは1500円くらいになると思うんですが、
欲しい人いますか?

グッズ

≪PREV | | NEXT≫

書いてる人

かなしょう

Author:かなしょう
1978年7月30日生まれ。
福島育ち。
8年ほど東京近郊。
Uターン組。
商店自営業の3代目。
HPはこちら

facebookもやってます。
やる気バロメーター
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
りんく
アクセス状況
都道府県別の

ジオターゲティング
カウンター
ブロとも一覧

『雨のち晴れ』

Sincerely yours
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。