スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会津坂下町【曙酒蔵合資会社】

先日、といっても1ヶ月前になるのですが、
新年度の酒を仕込み始めた曙酒蔵さんにお邪魔して来ました。

「天明」ブランドで結構前から知っていて、
女性の蔵元杜氏だと思っていたのですが、
2,3年ほど前に息子さんに代替わりしたそうです。

確立されたブランドを引き継ぐ若い杜氏、
という立場は以前訪れた矢内さんや松崎さんとは
また違う悩みや問題など抱えていそうですが、
熱い想いは勝るとも劣らない。

福島県の日本酒はこれから益々楽しみです。

曙酒蔵1

近年、日本酒を絞るのに昔ながらの槽を使用している蔵は減っているのですが、
こちらはココにこだわっています。
しかも、二つあるのはかなり珍しい!

絞る過程で「荒走り」「中取り」「責め」がしっかり分かれるので、
味の違い・変化が楽しめるのです。

曙酒蔵麹室

製麹室もこっそり見学。
温度や湿度をしっかり管理し、
どのくらいの時間で仕上げるのか。

それによって味わいが変わってくる・・・

そこが他のアルコール飲料と大きく違う点かと思います。

曙酒蔵の酒米

一麹、二もと、三造りといって、
特に重要な麹。
見せて頂いたのはまだまだ発酵途中でしたが、
見るのは初めてでした。


取引云々は置いておいて、
一般の人ではなかなか見られない行程を、
まだ勉強し始めたばかりの身で見させて頂けるのは
本当に有り難く、貴重な経験です。

質問にも丁寧に答えて頂き、
商品の取り扱いについても前向きな話で、
重ね重ね有り難いと思うと同時に、
こちらも真摯な態度で向き合いたいと思うのでした。

曙酒蔵

帰り際にはお土産も!
飲み比べられるように純米と吟醸のお酒、
調理に色々使えそうな酒粕、
そして早苗さんの大好きなヨーグルトリキュール
「スノードロップ」!!

これは日本酒が苦手な女性にも大好評なんです。
是非とも取り扱いしたいすねー。


直前になってしまいましたが、
明日11月10日は
25年度の天明一番搾りを飲むイベントを開催するそうです。

残念ながら参加出来ないのですが、
蔵開き的なイベントは初らしく、
新しい事に挑戦する姿勢が素敵です。

今まで
寒さが日に日にますにつれて憂鬱でしたが、
これから日本酒の季節が始まるのは
楽しみで仕方ないです。

今度は雪が厚く積もる前に、
山形の酒蔵に行きたいっすね。

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


書いてる人

かなしょう

Author:かなしょう
1978年7月30日生まれ。
福島育ち。
8年ほど東京近郊。
Uターン組。
商店自営業の3代目。
HPはこちら

facebookもやってます。
やる気バロメーター
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
りんく
アクセス状況
都道府県別の

ジオターゲティング
カウンター
ブロとも一覧

『雨のち晴れ』

Sincerely yours
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。