スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島県天栄村【松崎酒造店】

先日のイベントで初対面した若い杜氏の1人、
天に栄える村の酒蔵を見学してきました。

天栄村といえばブリティッシュヒルズが有名ですが、
行った事無かったので見学の前にちらっと立ち寄る事に。

町の中心部を抜けて山を登った奥に現れる巨大な門。
そこを通ると中は英語だらけでお城っぽい建物がちらほら。

「すげーっ!!!」
と思いつつも、見学は有料で時間がかかる模様。
また今度時間がある時に見てみたいです。


という事で寄り道しつつも辿り着いた松崎酒造店は、
田んぼに囲まれた小さな酒蔵でした。

石高は300石(来年度は350石の予定)ながら、
20代の杜氏1人だけで仕込むのは並大抵のことではありません。

2年前からこの体制になったようですが、
試行錯誤して突き進む姿勢、
そして生まれた至高の酒「廣戸川」。
素晴らしいです。
年々評価を高めており、
今後がますます楽しみです。

人柄も柔らかく丁寧で、
蒸米、洗米から仕込み日数まで説明して下さり、
本当に有り難いです。

倉庫を丸ごと冷蔵庫の様に改装し
普通酒も冷蔵保管したり、
酒の種類によって冷蔵温度を変えていたり、
保管の重要性を再認識しました。


もっと知識と理解を深めていれば、
同じ説明でも吸収するものも、
質問できる事も違うんだろうな・・・
精進せねば。

酒粕のジェラートは残念ながら売り切れだったけれど、
帰り際に頂いた「石背(いわせ)」
通常酒造好適米で仕込むところを、
食用米のコシヒカリ(100%須賀川産)を使用!!
一体どんな味わい・・・?
と珍しさが先行気味でしたが、
なるほど爽やかで綺麗な、
ちゃんとした日本酒に仕上がっておりました。
軽やかな飲み口は水よりスッキリ。
オススメです。
石背
「廣戸川」は難しいものの、
「石背」は何とか仕入れられそうです。
※須賀川市岩瀬は昔、石背国(いわせのくに)と呼ばれていたそうです。

松崎酒造店

仕込みの時期でも見学大丈夫ですよ!
とか、他の酒蔵へ紹介も出来ますよ!
と、心遣いに感謝する事しきりでした。
本当に有り難う御座いました。
またお邪魔しますので宜しくお願いします(^^)/

そして、松崎さんの好意に遠慮無く甘えることにし、
次回は「天明」の【曙酒蔵】にお邪魔して来る予定です。
もっと勉強しなくちゃ。

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


書いてる人

かなしょう

Author:かなしょう
1978年7月30日生まれ。
福島育ち。
8年ほど東京近郊。
Uターン組。
商店自営業の3代目。
HPはこちら

facebookもやってます。
やる気バロメーター
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
りんく
アクセス状況
都道府県別の

ジオターゲティング
カウンター
ブロとも一覧

『雨のち晴れ』

Sincerely yours
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。