スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消防団

ブログ立ち上げから、毎日更新を目標にしてきてのですが、
昨日とうとう頓挫しました。
一ヶ月もたなかったですねw

自分は地域の消防団というのにに所属してまして、
毎月15日は集まりがありまして、そのせいでした。
公務員の消防隊じゃなくて、消防団
消防団とは、
『本業を持ちながら、
「自分たちのまちは自分たちで守る」という精神に基づき、
地域の安全と安心を守るために活躍している人たちが集まる、
市町村の消防機関の一つ』

でして、一応ボランティアです。

その存在については結構賛否両論あるんですけど、
有事の際(火事・水害・人捜しなどなど)に、
その地域で活動する人材を確保しておく事は有意義だと思います。

昔ながらのしがらみ等が根強く残ってる地域もありますが、
自分が居る班は上下関係も厳しくなく、
意外と知らなかった地元人と知り合いになれたりするし、
年が近い人も多かったりするので結構楽しいのです。
が、しかし!
団員は年々昇格し毎年順々に辞めていくので、
毎年新入団員を確保しなくてはいけないんですが、
これがなかなか難しいのです。

やっぱり、昔の悪いイメージがあったり、
仕事との都合が合わなかったり、
人付き合いが苦手でやりたくなかったり・・・理由は様々。

でも、人員を確保出来ないと有事の際に非常に困る。
時には辞めるはずの人が残留でやめられなかったり。
今年もいい加減確保しなくてはいけないんですけど、難航中。
誰か居ないかなー。

こうして探してみると、
本当に地元の若い人は流出してるなーと、しみじみ思います。
このままでは大変な事に。

この記事へのコメント

まどりん : 2010/02/17 (水) 00:02:04

消防団に限らず、地域の役員とか町内会とか、なかなか人が集まらないものですよね。
幸い我が家の所属の町内会は、明朗会計(笑)だし周囲でも評判だそうで
隣の町内の人が「会費を払うから入会させて欲しい」って事もあったみたいです。
普段の人のつながりがあればこそ、有事のときの助け合いになるのですが、
普段から意識しないと関わるのは難しい世の中だと感じることもしばしばです。
消防団の存在ってすごく大切だと思いますので、
新しい団員さんが見つかるといいですね!

かなざわ : 2010/02/18 (木) 11:16:52

年々、若い人の地元離れは加速して行ってる気がします。
過疎化が進むわけです。
このままではホントに大変なことに・・・

隣町の人でも入会したい町内会!凄いですね☆
何が秘訣なのか是非とも知りたいです。

団員勧誘頑張ります!!

管理人のみ通知 :

トラックバック


書いてる人

かなしょう

Author:かなしょう
1978年7月30日生まれ。
福島育ち。
8年ほど東京近郊。
Uターン組。
商店自営業の3代目。
HPはこちら

facebookもやってます。
やる気バロメーター
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
りんく
アクセス状況
都道府県別の

ジオターゲティング
カウンター
ブロとも一覧

『雨のち晴れ』

Sincerely yours
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。