スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

而立→不惑

「論語・為政第二」より

「三十にして立つ。」
「孔子は言います。私は、三十の時に、学問などの基礎がきちっとして、独り立ちができるようになりました。」

「四十して惑わず。」
「孔子は言います。私は、四十の時に、狭い見方に捕らわれることなく、心の迷いがなくなりました。」


ケーキ

昨日7月30日に無事誕生日を迎えまして、
而立と不惑の中間、35歳になりました。

一般的な年齢と実感とは違うもので、
たいして大人になったという気はせず、
基礎はきちっとしてないし、
独り立ちもしてなかったり。

でもまぁ、昔よりは多少なり経験積んで、
狭い見方には捕らわれない様な気もするけど、
迷いまくるし気まぐれだし。

んー、まだまだ半人前だなー。

とりあえず、40が見えてきたので、
今のうちに挑戦出来る事はどんどんやろうと思います。

スチコン

そういう思いがあって・・・
という訳では無いんですけど、
先月スチコンことスチームコンベクションオーブンを導入。

焼き魚はふっくらパサつかず仕上がり、
蟹を蒸す時も高温で安定して蒸気を供給。
85度でなめらかプリンを作る事も出来れば、
低温スチームも可能で、
50度洗い&70度蒸しも簡単に!!

本も購入して野菜や肉はもちろん、
果物も蒸してます。
劇的に甘くなります。(時々失敗するけどw)

これは予想以上に使えます。
お陰で最近は蒸してばかりです。

決定版「50℃洗い」と「70℃蒸し」―食べて健康になる (主婦の友生活シリーズ)決定版「50℃洗い」と「70℃蒸し」―食べて健康になる (主婦の友生活シリーズ)
(2012/08/30)
平山 一政

商品詳細を見る





そして、ここ最近の関心事は【日本酒】

きっかけはセパタクロー仲間のお兄さんに紹介された酒、
【(東)豊国酒造 一歩己(いぶき)】でした。

一歩己

「それは衝撃的な美味しさだった・・・」

そんな風に紹介して頂いたからには飲んでみなきゃ!
と思って卸業者に問い合わせたところ、
仕入れられない。

とりあえず酒蔵でお話して、
お互いをよく知ってから・・・
とのこと。

取扱店として紹介された橘内酒店さんは
HPで見る感じバリバリの酒専門店だし。

正直そこで取り扱う事は諦めてました。

でも、購入して飲んでみると、
かの有名な飛露喜に勝るとも劣らない味わい!
(※あくまでも個人的感想です)

可能性があるなら
とりあえず酒蔵まで行ってみよう!!
と思い立ち石川群古殿町へ行ったのが7月29日。

東豊国

初めてお会いした杜氏&専務の矢内さんは
20代と若く、
丁寧に酒造りの行程を説明して下さり、
思う存分お話する機会を頂けました。

その挑戦する姿勢
熱意
3年目にして高評価の日本酒を造った自信

それらに触発されるように、
今までぼんやりとしか向き合わなかった日本酒に
ちゃんと取り組んでみようかと
徐々に思うように。

酒蔵よりも酒屋を色々見てみると良いですよー
とのアドバイスを頂き、
早速30日は全国的にも有名な「泉屋」さんへ。
31日は同じく郡山市の「あんどう酒店」さんへ。

どちらも丁寧に日本酒の説明をして下さり、
特にあんどう酒店さんでは同じ個人経営の地方店舗として
色んな話やアドバイスをして下さって、
ホントありがたいです。

勉強になるのはもちろん、
もっと知りたいというモチベーションも上がりまくりです。

日本酒に苦手なイメージを持ってる若い人は多いと思います。
でも、ホントに美味しくて飲みやすい日本酒もあります。

そういった酒は
日本人らしい繊細さと丁寧さにより醸し出され、
近年増えています。

それらを
これからどんどんん勉強し
伝えて行けるよう頑張りたいと思いますので、
宜しくお願い致しますm(_ _)m


※ちなみに日本酒などの知識の多くは
漫画「もやしもん12巻」で得ています。

もやしもん(12) (イブニングKC)もやしもん(12) (イブニングKC)
(2013/04/05)
石川 雅之

商品詳細を見る
スポンサーサイト

食事会@La Selvatica

ちゃんとイタリア料理店を食べたいなーと思ったら行くのがこの店。

「La Selvatica」

3回目の訪問になります。
でも、だんとつのお気に入りです。

確かにもっと美味しいお店もあるでしょう。
ミシュラン星付のお店も日本に増えました。

それでも僕はこのお店を選びます。

料理はもちろんシェフの人柄に惚れたから。


そんなわけで久しぶりに行こうと思い立ち、
色んな人に紹介したい、どうせだから貸し切りにしてしまおう!

という何となくの思いで企画した食事会。

関連性無くあちこちに声をかけたら
着席限界の20人に。

夫婦二人で切り盛りするお店で20人分の食事。
盛りつけや配膳を考えるとそんなに凝った料理は出来ない中で、
シンプルながらも美味しい料理と
それに合わせた白ワイン・赤ワインを用意して頂き、
ワインを飲み慣れない人でもワインの個性の違いや
料理とのマリアージュを発見できる食事を用意して下さいました。

お酒を飲む人・飲まない人・少しだけ飲む人の
お会計も細かく分けて下さり、
本当に感謝です。

本来は主催者である自分が、
もっと詳しく食事会の方向性を決め、
ゲストとお店双方に伝えておくべきでした。

反省。

今度は少人数で行ってシェフとゆっくりお話したいです。

LaSelvatica ラザニア

「年々歳々花相似たり、歳々年々人同じからず」

高校の時に知り合いに何気なく勧められた「マスターキートン」。
「YAWARA」や「21世紀少年」で有名な浦沢直樹先生の作品で、
自分の一番好きな漫画です。

当時の自分は週刊少年ジャンプは読むものの
以前は好きだったアニメとも疎遠になり、
漫画も習慣の一つとして読んでいるような状態でした。

苦手なので運動部には入らず、
かといって文化部に勤しむわけでもない。

そんな時に知り合った同級生Kは
それまでに会った事が無いような人物で、
衝撃的でした。

一般的に流行ってるものを否定し、
ビートルズをこよなく愛し、
活動休止状態の地学部をサッカー愛好会に作り替える。

そんな自分の価値観をしっかり、
持ち流されず、
行動力を兼ね備えた、
いわゆる変人。

一年の時は同じクラスで、
3年間同じ図書委員会&地学部。

卒業後もヒッチハイクで屋久島まで行ったり、
大学では自らサッカー同好会を作ったり・・・
人付き合いが苦手で消極的な自分は
そんな話を聞いては衝撃を受けていました。

彼の影響は今の自分を形成する上で少なくないです。

そんな彼に勧められて読んだ「マスターキートン」

それまで読んでいた少年漫画とは一線を画し、
基本一話完結ながらストーリー性がしっかりし、
人生哲学や雑学を学べる素晴らしい作品です。

その中でも好きなフレーズが
「年々歳々花相似たり、歳々年々人同じからず」

意味は
毎年花は同じように美しく咲くが、
その花のもとに集える人も、人それぞれも、年々変わっていく・・・
といったような感じです。


今年もだんだん暖かくなり
春の空気が徐々に広がり始めました。

梅の花が咲き、桃の花が咲き、
桜が咲くのももうすぐでしょう。

卒業・入学・引越・転勤・・・
出逢いと別れが多いのもこの時期。

同じようでいて
変わり続ける人間関係。

変わらない良さ、
変わりゆく良さを
楽しめる人でありたい。


マタドール

あ、先日北千住駅近くで食べた話題のラーメン。
期待を裏切らない美味しさでした☆

先日のすったもんだで思った事。

先日、某国立大学の教授とtwitter上で揉めました。

ま、そのことで未だにその人が腹が立って仕方が無い!!
なんてことは、すっかりないのだけれど、
ちょっと思ったことがあったのでそのまとめ。


原発事故に関する放射線等の問題は、
現在福島県内に住む人にとって非常に重く深刻な問題です。

気にしない人は居ない、という位なのですが、
いかんせん目視できないし、臭いも無い。
数値は色々出るけれどバラバラで、
安全だと言う人も居れば、危険だと言う人も居る。

真実はどこにあるのか、
どうすれば良いのか、
判断するのがとても難しい事態です。

twitterでは「二本松」をキーワードに検索かけてるんですけど、
最近ちょっと増えました。
5月3日に二本松市の北小体育館にて、
福島県放射線健康リスク管理アドバイザーの
山下俊一氏による講演があった事ですしね。
(二本松 山下で検索すると講演の内容がわかると思います)

その中に、
二本松市民、福島県民を非難するツィートをちょくちょく見かけます。
(で、たまたま目にして冒頭の件に発展したわけですが。)


どうして危険なのに避難しないのか?
もっと東電にお金を請求しないのか?
子供を危険にさらすなんて信じられない!
無知で危機感が無さ過ぎる・・・等など。
又は、被災者ぶって金を請求するなとか言う方も居ます。

どうして、避難の矛先が被災者に向けられるんですかねー。

確かな知識を持って発言してるのかもしれませんが、
それならばその危険性を世間に訴えて、
世論を動かし国に働きかけるべきなのでは?
ましてや、世間的に地位がある方なら尚更・・・
なんて、思うんですけど。


国とマスコミに騙されてる!
とか言うけど、
国とマスコミをまるっきり信じないで、
見ず知らずの人の罵声を信じろってのも、
だいぶ無理な話じゃないのかな。

数値がバラバラだっていうのも、
放射線量を測定するのは簡単ではないらしいし、
(詳しくはこちら)
闇雲に避難しろって言うけど、
まぁ、避難した方が安全なのは分かりますが、
期限が分からない避難なんて簡単には出来ないですって。
子供の事が何よりも心配です。
けれど、子供だけを避難させるのは更に難しいんです。

多くの福島県民は
氾濫しまくった情報に翻弄されて、
でも生活を守るために不安の中、戦ってるのです。
たぶん。



なので、知識があって情報もちゃんと把握してる方は、
単に不安を煽ったり、一般市民を罵倒するんじゃなくて、
分かりやすい現状の解説と、
それへの対処法及び危険性の周知を図る等の、
バックアップをして下さるよう、
宜しくお願いしますm(_ _)m

体育と生涯スポーツ

なんか、久しぶりに月まとめ以外のブログ書くな-。
つぶやいても良かったんだけど、
ちょっと長くなりそうなのでブログで。


昨日はセパタクローやって来て、
本日はフットサルに参加して来ました。
あと、よくジョギングもします。

こんなスポーツ三昧な俺ですが、
運動神経は良くなく、体育の成績は大体3(5段階で)。
去年も書いてましたけど、体育が嫌いでした。

かと言って、最近は運動神経良くなったかというと、
そんな事がある筈もなく、
基本的にへたっぴです。

なんで色々スポーツするのか自分でも不思議。

でも、身体を動かすのは気持ち良いんですよねー。
コレは多分本能。
小さい子なんてアホみたいに走り回るし。
それが実に楽しそう。

しかし、体育をやるようになり、
人と比べられ、
出来ない子は段々嫌いになっていくのでは?

人と比べるのは悪い事じゃないと思う。
出来る子は、より可能性を延ばすべきだし。
ただ、出来ない子に対するフォローというか、
それなりに楽しむ権利を尊重して欲しい。

近年、国が推奨している生涯スポーツと、
体育は決してつながってるとは言えないと思う。
むしろ障害になってるんじゃないの?

そんな事をふと思いました。

今、自分はスポーツが楽しめてる。
ジョギングはマイペースで走れば良い。
フットサルはみんな上手いしハードだけれど、
へたっぴな俺でも受け入れてくれるし、
何より俺は好きなサッカーが出来るのが楽しい。

そして、セパタクローは未知への挑戦。
サッカー経験者はやっぱり有利だけれど、
それが絶対じゃない。
だって、サッカーとはちょっと違う動き、力加減。
大体みんな初心者。
失敗ばかり、だけど、上手くいくと気持ち良い。
みんなやってみれば良いのに・・・
というわけで、
福島セパタクロー参加者募集中!
ヘ(゚∀゚ヘ)ヘ(゚∀゚ヘ)ヘ(゚∀゚ヘ)

| NEXT≫

書いてる人

かなしょう

Author:かなしょう
1978年7月30日生まれ。
福島育ち。
8年ほど東京近郊。
Uターン組。
商店自営業の3代目。
HPはこちら

facebookもやってます。
やる気バロメーター
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
りんく
アクセス状況
都道府県別の

ジオターゲティング
カウンター
ブロとも一覧

『雨のち晴れ』

Sincerely yours
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。